母学会議 -ぼがく ははがく | 母学 ははがく ぼがく
あかちゃんがおなかの中にいるときから、おかあさんとの言葉のないコミュニケーションが始まっています。そんなコミュニケーションを医学的、科学的に各界からの権威が集い話し合います。芸術は胎児にどんな影響をあたえるのでしょうか?
母学 ははがく ぼがく
4
home,page-template,page-template-full_width,page-template-full_width-php,page,page-id-4,qode-quick-links-1.0,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-title-hidden,qode_grid_1300,qode-child-theme-ver-1.0.0,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-5.0.1,vc_responsive

赤ちゃんを知る。そして母になる。

赤ちゃんとお母さんのための芸術体験

第一回母学会議

藝大アーツイン丸の内で開催

マザープロジェクト

おまもりうた:「誕生」

脳科学から見た芸術と倫理

基調講演

小泉英明

パネルディスカッション

「母と子の芸術」

このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーを Google ブックマーク に追加
[`evernote` not found]
LINEで送る
Pocket

「母」を学ぶ

プロデューサー

伊東 順二

東京藝術大学特任教授。美術評論家。アート、音楽、建築、都市計画など分野を超えたプロデュースを多数手がける。1995年「ベニス・ビエンナーレ」日本館コミッショナー。2005年~13年富山大学教授。08年〜12年「金屋町楽市」実行委員長。前長崎県美術館館長。パリ日本文化会館運営審議委員。富山市ガラス美術館名誉館長。

康に生きるためには毎日の様々な環境の変化を受容しポジティブに捉えていく、感性の多様性が必要になる。それは心の柔軟性とでも呼ぶべきものなのだろうが、アップリカ育児研究所から出版された小林登先生の「母学」は胎児から赤ちゃんたちの成長を段階的に観察し、それぞれの家庭の中で育児における健全な心身の成長を促すための心と体のスイッチの入れ方を合理的に解説する。

 

まり、単なる胎教論や育児論と違って目に見えない母子の相互作用を科学的に論理的に説明しながら、生きるとは、もしくは心の在り方とは、という哲学、そして、感動という生命のモチベーションの言及にまで達しているのである。その提言は芸術の存在意義をも問うものだと思う。なぜなら母子の目に見えない相互作用、それは心の伝達というものであり、それを私たちは自身の中で生涯熟成する。「母学」は多くの人が、時間が経つにつれ忘れかけている時に目に見える形でもう一度思い出させてくれる、その稀有な作業、そして存在が芸術であり、芸術家なのではないか。だからこそ芸術は創造的な社会のイノベーションの源泉になりうるのだと思う。

 

晴らしい母に誘う、それは芸術の発展をも意味している。その展開をぜひ体験していただきたい。

第一回母学会議を開催します

ご来場、先客300名さまに、
アップリカ育児研究所出版の“母学”
プレゼントいたします。

bogaku_book

20161021日(金)
12:00~13:30 丸ビルホール
〒100-6307 東京都千代田区丸の内2-4-1丸ビル7階

12:00~12:10(10分)
胎感映像インスタレーション
おまもりうた:「誕生」

12:10~12:15(5分)
主旨
伊東順二:プロデューサー
東京藝術大学社会連携センター副センター長

12:15~12:45(30分)
基調講演
脳科学から見た芸術と倫理
小泉英明
株式会社日立製作所役員待遇フェロー
公益社団法人日本工学アカデミー上級副会長

12:45~13:30(45分)
パネルディスカッション
「母と子の芸術」

出演者プロフィール

kassai

葛西 康仁

1953年大阪生まれ。上智大学外国語学部卒。アップリカ育児研究所代表取締役社長。世界で初めて生まれた「父が子どもを抱きしめる服ペルパパ」でイタリア コンパッソ・ドーロ賞ファイナルノミネート、日本ではグッドデザイン賞を受賞。マスメディア広告では2002年から5期連続で毎日広告デザイン賞。広告電通賞など多数のデザイン・広告賞を受賞。

小泉 英明

東京大学教養学部卒(理博)。現在、米国・中国・欧州など国内外の研究機関で、Boardや名誉教授を兼務。日立基礎研究所所長、日本分析化学会会長など歴任。環境・医療分野で多くの新計測原理を創出し社会実装。米国R&D100賞(Oscars of Innovation)他受賞多数。編著書に『脳科学と芸術』他。

北代 美和子

1953年、東京生まれ。上智大学外国語学部フランス語学科卒業。同大学院外国語学研究科言語学専攻修士課程修了。翻訳家・フランス文学研究者。東京外国語大学講師(翻訳学)。訳書にC・コスタンティーニ『バルテュスとの対話』、ジャン・ルオー『名誉の戦場』、M・デュラス『私はなぜ書くのか』(河出書房新社、2014)、他多数。

仁志田 博司

1942年生まれ、74歳、1968年慶応義塾大医学部卒、1969〜74年米国(シカゴ大学・ジョンズ・ホプキンス大学)で小児科学・新生児学、1974〜84年北里大学小児科講師、1984〜2008年東京女子医科大学教授・母子総合医療センター長、1984〜2008年早稲田大学人間総合学部研究員(生命倫理)、2008〜現在:東京女子医科大学名誉教授・北里大学客員教授・慈誠会病院名誉院長。

宮廻 正明

日本画家。平山郁夫に師事。春の院展で外務大臣賞、再興院展で文部大臣賞、内閣総理大臣賞を受賞。近年では、ロシア国立美術館、ブダペスト歴史博物館、リスボン東洋美術館、ピッティー宮殿近代美術館、マカオCASA Garden Galleryにて個展を開催。現在、日本美術院評議員。東京藝術大学大学院美術研究科教授、同学社会連携センター長。

新井晴み

1977年NHK朝の連続テレビ小説「風見鶏」ヒロイン 、エランドール新人賞受賞、産業カウンセラー 日本文芸家協会会員、2010年法政大学キャリアデザイン学部総代卒業  、1992~2000年イタリアと日本で暮らす。、2006年 福島県郡山市「いのちのでんわ」開設記念に一人芝居「エリカ」公演。 2010年NHK「みんなのうた」「風がきれい」作詞

小林 登

母学(BO-GAKU)の由来

bogaku_book東京大学名誉教授、国立小児病院名誉院長、「母学」著者。世界小児科学会会長も務めた小林は、「日常生活のなかに優しさがなくなったとき、社会、ひいては国家が大きな問題を引き起こすように思えてならない。社会に優しさを取り戻すには、赤ちゃんのときから優しさを体験でき、生きる喜びいっぱいになることに尽きる。」と語り、現代社会に警鐘を鳴らす。